ヘアアイロンアイキャッチ

髪が傷まないヘアアイロン7選!ダメージ軽減方法とケア方法を合わせて紹介!

家電量販店に行くと、美容室でも使われているような高性能なヘアアイロンが誰にでも買える時代になりました。

吹き出し用女性
マミ
ヘアアイロンは家庭でも髪の毛を強制して、気軽にオシャレができるスタイリングの必須アイテムですよね。

しかしくせ毛や縮毛状態の髪の毛を思い通りに強制してしまうアイロンって、どういう原理で髪の毛を変化させているの!?髪が傷むんじゃないの!?

という疑問を感じている方も多いのではないでしょうか?

ヘアアイロンは使い方によっては髪の毛に大ダメージを与えてしまう危険なスタイリングアイテム

この記事をご覧のあなたはアイロンが髪の毛にダメージが大きい!ということをご存じで、なるべく髪の毛にダメージを与えないアイロンをお探しだと思います。

吹き出し用女性
マミ
この記事ではコストや性能などの目的別のヘアアイロンの紹介と、ヘアアイロンが髪に与える影響や、ダメージの回避方法、アイロンの選び方などについてお話します。

ヘアアイロンは大きく分けてストレートヘアに強制するストレートアイロンと、カール状の髪を作るカールアイロンがあります。

どちらのアイロンも何十種類という数のアイロンが店頭に並んでいて、下調べをしないで行くと正直どれを選んでよいのかわからないこともあると思います。

カールアイロンもありますが使い方や特性が少し違うので、今回はストレートアイロンにフォーカスしてお話します

  • 髪が傷まないヘアアイロンってあるの?
  • ヘアアイロンが髪の毛に与えるダメージの種類とは?
  • 目的別ヘアアイロン7選
  • 髪の毛へのダメージの少なくするアイロンの使い方
  • アイロンで受けたダメージの効果的なケア方法
目次

髪が全く傷まないヘアアイロンはありませんが、傷みにくいヘアアイロンはあります

びっくりしている男女

『髪の毛が傷まないヘアアイロン』や『傷まないアイロン方法』などのワードでインターネットで検索してみると、『髪が傷まないアイロン』というワードの記事がたくさん出てきます。

しかし実際のところ、髪の毛が全く傷まないヘアアイロンは存在しませんし、ヘアアイロンは必ず髪の毛にダメージを与えてしまいます

ただし時代の進化は素晴らしく、髪が傷みにくと言われているヘアアイロンが出てきています。

吹き出し用女性
マミ
まずはヘアアイロンってどんなダメージを受けてしまうのか?についてお話して、オススメのアイロンを紹介したいと思います。

ヘアアイロンって髪にどんなダメージを与える?

ヘアアイロンの高熱が髪の毛にダメージを与えることは有名なお話ですが、実はヘアアイロンによるダメージの原因は熱だけではないんです。

吹き出し用女性
マミ
ここでは熱によるダメージと合わせて、ヘアアイロンが髪の毛に与えるダメージについて詳しくお話していきます。

ヘアアイロンの高すぎる温度が髪の毛を変質させる

カールアイロン

人の肌は高温を感じると火傷をして、水ぶくれができて肌が変質してしまいますよね。

髪の毛と肌は少し違いますが、同じたんぱく質でできたものなので、皮膚と同じように髪の毛も高温でダメージを受けて変質してしまいます

そしてキューティクルが損傷して剥がれてしまうことで、髪の毛に水分を保つことができなくなり、髪のパサつきなどのダメージとして現れます。

ヘアアイロンを使うということは、髪の毛に高温を当てるということなので、髪の毛のダメージは絶対に避けられません

180℃ほどの高温にしてしまうと、毛髪を強力に構成しているシスチン結合が分解されていくと言われています。

吹き出し用女性
マミ
できるだけ温度を低くして使用してあげるのが理想です。

シスチン結合はキレてしまうと髪の毛のハリが無くなり軟毛化してしまいます。

またシスチン結合は自然に復旧することがなく、酸化剤というパーマをする際の2剤を使用しないと復旧しません。

ヘアアイロンを使った際のダメージの測定をするため、『アイロンの温度と使用時間』で髪の毛の引っ張り強度がどれくらい低下するか?を検証した実験ではこんな結果が得られています

温度と使用時間による引張強度の低下実験結果

温度時間引張強度変化
150℃3秒ほぼ変化なし
180℃3秒8.4%低下
200℃3秒24.1%低下
150℃20秒12.3%低下

引用:毛髪科学協会『新ヘア・サイエンス』

ヘアアイロンの温度は150℃以下の温度で3秒以下にすると損傷が少ないことがわかります

よくヘアアイロンは同じ部分に長時間(3秒以上)使用するとダメージが大きいので、1秒程で離してまた同じ場所に何度も繰り返し当てる方が良いという意見もあります。

しかし結果的に高温を長い時間当ててしまいがちになり、ダメージを大きくしてしまうので、高温で3秒ほどを1度でかけてしまう方がダメージが少ないと言われています

吹き出し用女性
マミ
アイロンのコテの幅が3cmの場合には、アイロンのスライド時間は1秒で1cm程と考えましょう。

アイロン使い方

『ヘアアイロン』と『髪の毛』の摩擦によるダメージ

ヘアアイロンには様々な種類がありますが、プレートの素材について種類があるのはご存知でしょうか?

吹き出し用女性
マミ
アイロンのプレート素材をよく見ると『テフロン、チタン、セラミック』という素材をよく見かけると思います。

各素材の性能はこんな感じになっています。

アイロンの素材別『摩擦・耐久性・コスパ』

素材テフロンチタンセラミック
摩擦の低さ
耐久性
コスパ

摩擦の少なさで言うとテフロン素材が最も優秀ですが、スライドする際に髪をある程度整列しておかないと、うまくストレートが当たらないこともあります。

髪の毛の摩擦の性能だけで選ぶと、テフロン素材が最もオススメです。

ただし実際チタンの商品を使用してみるとわかりますが、チタン素材でも摩擦はそれほど強くなく、ストレスを感じることはほとんどありません。

髪の毛の水分が多い状態でのヘアアイロンは絶対にNG!!

濡れた髪

髪の毛に水分を多く含んでいる時に高温のアイロンを当ててしまうと、髪の毛が取り返しのつかない損傷を受けることがあります

髪の毛は乾燥した状態でも150℃ほどの温度から髪の毛にハリコシを与えているシスチン結合が減少し始めます。

しかし水分が多く含まれている髪の場合は100℃ほどの低温からシスチン結合の減少が出始めます。

その結果軟毛やパサつき、広がりを引き起こすことがあります

吹き出し用女性
マミ
アイロンを使用する前には必ずドライヤーで水分をある程度乾燥させてから使用しましょう。

目安としては、髪の毛にアイロンを当てた際に、ゆっくりと湯気が出るくらいが理想です。

『ジュッ』と水分が蒸発してしまうくらいでアイロンを使用している方は、髪の毛へのダメージが強いので改善をした方が良いかもしれません。

汗で髪に水分を含んでしまうというのもありがちなので、アイロンは快適で涼しい部屋でやるのが良いと思います。

目的別オススメヘアアイロン7選

アイロンの性能についてお話しましたが、実際にオススメのヘアアイロンをご紹介します。

ダメージ軽減優先:テフロン素材アイロン『絹女-KINUJO-』

絹女

絹女は摩擦が一番低いとされているテフロン素材を、水分の蒸発を少なくするように加工したプレートを使用したアイロン。

髪の毛の水分蒸発を少なく抑えることから、髪の毛へのダメージも抑えながら、ツヤがあるサラサラなストレートヘアを作り出します

アイロンは水分の蒸発で形作るので、ダメージを抑える分仕上がりが少し弱いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

温度調整は130℃~220℃ですが、わずか20秒で180℃になるので、朝のヘアセットの時短にも最適です。

値段はシリーズにもよりますが1万円以上と、一般的なアイロンよりかなり高めになっています。

 

Adetsuyaはアクアリッチホールという、髪の水分をプレートから逃がす穴を搭載したアイロンで、より時短を可能にしたアイロンです。

アイロンは髪の水分を飛ばす際の髪の毛の結合を利用して髪の毛を形作るので、Adetsuyaはよりキレイなストレートを簡単に作ることがもできます

またアイロンを当てる時間の時短ができるので、髪の毛のダメージ軽減という嬉しいおまけもついてきます。

アイロンのコードは2.65メートルあります。電源が遠くても使用できるメリットがありますが、ケーブルがかさばるというデメリットもあります。

低コスト優先:『プロ仕様 マイナスイオン ツヤグラ』

ツヤグラは価格が安いことが魅力的なアイロン。その値段は送料込みで1500円程度!

ただし安いからと言って仕上がりがいまいちというわけではなく、セラミックプレートを使用したプレートで低摩擦でサラサラに仕上がります

ただし注意しないといけないのは温度調整ができず200℃のみなので、慣れないうちは髪の毛にダメージを与えてしまうことも。

ただし200度までは1分半で上がるので、安いアイロンとしてはなかり優秀ではないでしょうか。

ブラシタイプのストレートアイロンです。

一般的なストレートアイロンのようにプレートに挟み込んで矯正するタイプではなく、ブラシに触れることで矯正します。

強制力はプレートタイプより弱いですが、短い時間で程よく髪の毛が伸びてくれます

ダメージ面では他のプレートタイプより少なく、ダメージを心配される方にはとてもオススメです。

プレートではくブラシタイプなので、短髪の男性には少し使用しにくい使用なので、ミディアム・ボブ~ロングヘアの女性におすすめです。

またブラシタイプなのでプレートメンテナンスが大変です。

ブラシの根本に汚れが溜まると発火なども懸念されるので、面倒でもメンテナンスはしっかりとしておきましょう。

利便性・コスト・仕上がりのバランス優先:『VS(ヴィダルサスーン)ストレートアイロン』

VSヘアアイロン

ヴィダルサスーンのヘアアイロンは、3000円代の値段で海外対応・長めのプレート(時短)、程よい摩擦力(仕上がりの綺麗さ)などで悪い点がなく、総合的に見てオススメできるストレートアイロンです。

ヴィダルサスーンという名前は有名ですが、この製品の販売者の実態は小泉成器株式会社です。

プレートが長めなのが特徴で、休日にはカールもにも使えるアイテムです。

プレートの摩擦力が少しだけ高く感じますが、摩擦がある方が強制力が上がります。

摩擦によるダメージに神経質な方はテフロン性を選びましょう。

VSはモデルチェンジが多く、欲しいアイロンがすぐになくなってしまっていることもあるので注意しましょう。

ダメージを抑えるヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンでしっかりとしたスタイリングをするためには、髪の毛へのダメージは避けられないことをお話しました。

しかしそれでもオシャレな髪型を作るためにはヘアアイロンが必要なことがあると思います。

髪の毛にダメージを与えるからと言っても、髪がなくなるわけではないですし、すぐに止めようとは思わないですよね。

吹き出し用女性
マミ
ここからは、ヘアアイロンを使うにあたって、できるだけダメージを減らす方法についてお話します。

『ヘアアイロンの前にヘアケアオイルを塗る』は効果あり!しかし…

ヘアオイルを手に取る

ヘアケアオイルは髪の毛のトリートメント作用があると共に、髪の毛を熱から守る力もあります

ドライヤーで髪の毛を乾燥させた後にヘアオイルを軽くつけて、髪の毛に馴染んだ後にアイロンを開始しましょう。

使用するヘアオイルにもよりますが、ホホバオイルのようなサラッとしたヘアオイルがおすすめです。

べたつきやすいようなヘアオイルを使用すると、アイロンもべたべたになってしまう上に、油は温度が上がりやすく髪の毛を油で揚げたような状態になって逆効果になることもあります

こちらはホホバオイルやワックスを塗った後に使用を続けたアイロンですが、アイロンがこんな状況になってしまいました。

汚れたヘアアイロン

ロレアルパリのエクラアンぺリアルのようなオイリーなタイプを使用すると、アイロン自体がぎとぎとになって、故障の原因になることも予想できます。

吹き出し用女性
マミ
最近ではヘアアイロンを使う前に向いているヘアオイルも販売されています。
楽天市場

ヘアオイルはアイロンのダメージ軽減だけでなく、髪の毛自体のケアとしても効果が期待できるヘアケア用品なので、普段から使用して良い商品です。

髪の水分はある程度とばしておくこと

前項でお話した通り髪の毛は水分を多く含んだ状態では熱によるダメージを受けやすく、髪の毛に取り返しのつかないダメージを与えてしまいます

アイロンを使用した際に少し湯気が出る程度、ドライヤーで髪を乾かす際は冷風で締める際に、髪に冷たい部分がなくなる程度が理想です。

吹き出し用女性
マミ
髪の毛にアイロンを当てた際に『ジュッ』と水分が蒸発するような音がした場合は、ドライヤーで水分を乾燥させてからアイロンを再開しましょう。

高温設定のアイロンを3秒以上髪の毛に当てない

ポイント

こちらも前項でお話した通りですが、できるだけ高温のアイロンを長時間あてすぎないような工夫が必要です。

まずは乾燥した部屋で150℃に設定したアイロンで1秒に1cmスライドさせるようなイメージで使用してみましょう

満足した髪の毛にならない場合は10℃ずつくらい上げていき、上限は180℃くらいにします。

180℃にしてもアイロンのあたりが悪い場合は、以下の様な状況になっていないか確認してみましょう。

アイロンのあたりが悪くなる状況

  1. 湿度が高すぎる部屋でアイロンをしていないか
  2. 一度にたくさんの髪の毛を当てようとしている
  3. 髪は適度に乾燥していない(穏やかな湯気が出る程度が理想)
  4. 髪全体にしっかりとあてられていない

180℃で3秒のアイロンをしていると良い具合にあたるはずです。

吹き出し用女性
マミ
①の湿度が高い場合、部屋を乾燥乾燥させても外気の湿度が高いとすぐに髪が元に戻ってしまうので、その日はあきらめた方が良いです。

②~④はアイロンの当て方や準備に問題があるので、手順を見直してみましょう

ブロッキングで適量の髪を取ってアイロンを当てていく

重要事項

アイロンを綺麗に美しく当てるためには、全ての髪の毛にムラなく確実にアイロンを実施してあげる必要があります。

美容室では例外なく実施されている方法が『ブロッキング』です。

ブロッキング

ブロッキングとは、髪の毛を小分けにするために、これからアイロンを当てる部分の邪魔になる部分をヘアピンでとめること。

小分けにすることで、必要量を取り分けやすくなり、アイロンを当てたい部分に悪実に当てられることと、アイロンの当て漏れを防ぐことができます

吹き出し用女性
マミ
ブロッキングを丁寧にやると仕上がるまでの時間が1.5倍から2倍くらいになりますが、するかしないかで全体的な仕上がりが全然違います。失敗することも少ないのでここぞというときにやってみるとよいと思います。

部屋や外気の湿度が高い場合はあきらめる

アイロンは髪の毛の水分を飛ばす際に、髪の毛を伸ばしながら水素結合をさせることで、キレイに伸びた髪の毛を作ります。

なので湿度が高くすぐに髪に水分が戻ってしまうような日は、アイロンをしてもすぐに水素結合が破壊されていまい、アイロンの効果をすぐになくなってしまいます

吹き出し用女性
マミ
外気の湿度が低くて室内の湿度だけが残っているような場合は、エアコンのドライモードで湿度を低くしてからアイロンを使用してみましょう。

どうしても髪型をキープしたい方は、髪を固定するスプレーを使用しましょう。

市販でよく販売されている『ケープ』とう商品は、いちばんキープ力が強いエクストラキープでも湿度が高い時のスタイル力はいまいちです。

キープ力が強いヘアスプレーを選んで使ってみましょう。

ヘアアイロンで髪の毛が傷んでいると感じたらケアをすることを忘れずに!

ヘアケアアイテム

いくらダメージを少なくするようにアイロンをかけていても、高温と摩擦でダメージはどうしても蓄積してしまいます。

吹き出し用女性
マミ
おそらくそれでもアイロンを毎日使う方はアイロンをすぐに止めることはできないと思うので、日々のヘアケアをして少しでも髪の毛が傷まないようにしたいですよね。

ヘアアイロンで傷んてしまった髪の毛のケア方法については、主には髪の毛の修復効果があるシャンプー・トリートメント・ヘアオイルを使うと良いです

傷んだ髪の毛を修復する成分は主にはこんな成分があります。

傷んだ髪の毛を修復してハリ・コシを与える成分

  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • ラウロイル加水分解シルクNa
  • ココイル加水分解コラーゲンK
  • ヘマチン
  • 加水分解ケラチン(羽毛ケラチン)
  • 加水分解コラーゲン
  • 加水分解シルク
  • 加水分解キチン
吹き出し用女性
マミ
このあたりの成分が配合されているシャンプーはトリートメントを選んでおくと良いでしょう。

私が愛用していてオススメしている『ウーマシャンプー』も加水分解ケラチンという髪の修復成分で元気な髪へと導いてくれます。

その他にも頭皮に影響を与える馬油や、炎症を抑えるグリチルリチン酸2K、またアミノ酸系の洗浄成分で髪や頭皮に優しいオススメのシャンプーです。

ご興味がある方は公式サイトや、当サイトのレビュー記事をご覧になってみて下さい。

関連記事

薄毛やボリュームダウン自分にしかわからない深刻な悩みの1つ。あなたも症状を食い止めるためにあらゆる対策をされてきたり、調べられたりされているのではないでしょうか?髪に異常を感じる前から対策をしっかりしておけばよかった...な[…]

ウーマ口コミアイキャッチ

まとめ

綺麗な髪の女性

今回はヘアアイロンが髪の毛に与えるダメージのお話をしました。

ヘアアイロンを使用してきりっとしたキマった髪型を作るのにはどうして髪の毛にダメージを与えてしまいます。

以下3点はヘアアイロンを使う上でとても重要なことなので、知っておいて日々のアイロンの際に意識して使用してみましょう

アイロンを使う上で大切なこと

  • どれくらいの温度で何秒使用したらダメージが大きいのか?
  • ダメージを抑えるアイロンの使い方
吹き出し用女性
マミ
一度ダメージを受けてしまった髪は完全に元の綺麗な状態に戻すことはできないので、できるだけダメージを与えないアイロンの使い方を実践しましょう!